会津孤剣 - 幕末京都守護職始末

藤本ひとみ 著

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    会津藩藩校日新館で学ぶ孝太郎は、親友・真之介の剣の指導に打ち込む父に自分を認めさせたいと願っていた。ある日、朋輩を目の前で謎の剣士に斬り殺された孝太郎は復讐を誓って京へ向かう。豪商の娘彩(あや)、男装の麗人直(なお)との出会いもあり、孝太郎の人生は大きく変化していく。会津・京都に展開する剣と情のシリーズ第一弾。(『天狗の剣』を改題)

    続きを読む
    • 幕末京都守護職始末 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      幕末京都守護職始末 全 3 巻

      2,794円(税込)
      27pt獲得

    レビュー

    • 2013/06/13Posted by ブクログ

      主人公の孝太郎が、色々な人に会い、考え方も変わり、成長していきます。
      その後も、歴史で言えば彼に様々かものがのし掛かってくると思います。
      それをどう乗り越え成長するのかが楽しみです。

      あがけばその分...

      続きを読む
    • 2013/11/29Posted by ブクログ

      歴史の流れで、時を味方にできなかった。それだけで、計画していたことてかも駄目になったり、敗北感がたくさんありました。
      その中でも、武士道をつらぬこうとしている主人公。頑張れと応援してました。

    • 2015/02/24Posted by ブクログ

      父の切腹で家禄没収となった元会津藩士孝太郎は幕末動乱のただ中にある京都で新撰組や長州激派の生き方に触れ強い心を揺さぶられる。

    開く
    [{"item_id":"A000269072","price":"814"}]

    セーフモード