骨の島

アーロンエルキンズ/青木久恵

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イタリア貴族の当主ドメニコは、名に信じがたい言葉をかけた。「私の子を産んでほしい」と。時は流れ、生まれた子は、実業家として財を増やそうとする。だがその矢先、一族の人間が誘拐され、何者かの白骨死体が地中から発見された。人類学教授のギデオン・オリヴァーは、骨に隠された一族の秘密を知ることになる。/掲出の書影は底本のものです

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/04/16Posted by ブクログ

      2005年発行のギデオン・オリヴァーもの。発端は1960年、イタリア貴族グラツィア家の当主ドメニコは跡継ぎに悩み、姪に出産を依頼。後々、成長して事業家として成功した後継ぎだが、ある日息子を誘拐される。...

      続きを読む
    • 2014/09/29Posted by ブクログ

      ギデオンの友人、安く旅する達人のフィルとともにイタリアへ。
      いつもとちょっと違った始まりにドキドキするも、やっぱりスケルトン探偵。
      貴族の秘密を骨が暴きます。

      最後ちょっとやっつけ感がありますが、イ...

      続きを読む
    • 2007/05/28Posted by ブクログ

      アーロン・エルキンズのスケルトン探偵シリーズ第11作。イタリアの貴族の血脈をめぐる物語。最新作に続いて読みましたが、二作とも真相が明らかになる場面が比較的あっさりしているように思いました。かつての作品...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000269065","price":"770"}]

    セーフモード