変種第二号

フィリップ・K・ディック/大森望

1,012円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    米ソの全面戦争により地球全土は荒廃、わずかに残るのは戦い続ける両軍の兵士だけとなった世界。米軍が投入した“新兵器”によって戦局は大きな転換点を迎えていた……。「スクリーマーズ」のタイトルで映画化されたディック短篇中屈指の傑作である表題作、特殊能力を持った黄金の青年を描く「ゴールデン・マン」(映画化名「NEXT-ネクスト-」)、本邦初訳短篇「戦利船」ほか、戦争をテーマにした全9篇を収録する傑作選。[収録作品]「たそがれの朝食」「ゴールデン・マン」「安定社会」「戦利船」「火星潜入」「歴戦の勇士」「奉仕するもの」「ジョンの世界」「変種第二号」/掲出の書影は底本のものです

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/08/29Posted by ブクログ

      フィリップ・K・ディックの短編集。
      学生時代は夢中になって読んだが、久々に再読。

      本書は新しく編纂した戦争をテーマにした短編集ということで、自分が覚えていたのは表題作の『変種第2号』だけ。
      でもやっ...

      続きを読む
    • 2014/04/19Posted by ブクログ

      PKD短編傑作選の第四弾。
      ほとんどの作品は他の短編集で読んだことがあった。

      表題作の『変種第二号』はなかなか面白かったが、どう考えても怪しいのに主人公がそれを見破れなかったというのが釈然としなかっ...

      続きを読む
    • 2014/04/16Posted by ブクログ

      しまった。昔読んだ短編集に収録されている話がほとんどだった。
      相変わらずさらっと読めておもしろいけど。お金もったいなかった。。

    開く
    [{"item_id":"A000269064","price":"1012"}]

    セーフモード