【最新刊】檻のなかの子

檻のなかの子

トリイヘイデン/入江 真佐子

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    8年間誰とも口をきかず、机の下で怯える15歳の少年ケヴィン。恐怖心が爆発すると、周囲も自分も傷つけ暴れまわる。トリイと机の下にもぐっての努力の末、ついにケヴィンは言葉を発した。だが、ある日彼が描いた世にもおぞましい絵は、何を表わすのか?怒りと憎しみの塊となった少年の再生への道を描く問題作。/掲出の書影は底本のものです

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/13

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)
      八年間だれとも口をきかず、養護施設の机の下で怯える十五歳の少年ケヴィン。恐怖心が爆発すると、周囲も自分も傷つけ暴れまわり、トリイは心底恐ろしいと感じることがあった...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      八年間だれとも口をきかず、
      養護施設の机の下で怯える十五歳の少年ケヴィン。
      恐怖心が爆発すると、周囲も自分も傷つけ暴れまわり、
      トリイは心底恐ろしいと感じることがあった。
      ふたりで机の下にもぐって努力...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      中学時代に読んだ。授業中に注意されるのがうっとうしく、ブルブル震えながらサボって読んだ。ケヴィンのブラックホールに吸い込まれそうだった。

    開く

    セーフモード