演奏しない軽音部と4枚のCD

高木敦史

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    16歳の秋、私の人生を変えたのは「演奏しない」軽音部と4枚のCDとの出会いだった。高校一年の秋、楡未來(にれ・みらい)は亡き叔母が“4枚同時再生が必要な”CDを遺した意味を探るため、軽音部の部室を訪れた。そこで待っていたのは、演奏しない「聴く専門」部員・塔山雪文(とうやま・ゆきふみ)。挙動不審で怖がりだけど、音楽にはものすごく詳しい塔山の力をかりて、未來は叔母の真意を追う。架空言語で歌う曲を題材に書かれた小説の盗作騒動、壊されたギターと早朝の騒音の関係など、学校で起こる事件を音楽の知識で解き明かす全4篇/掲出の書影は底本のものです

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/06/15Posted by ブクログ

      またハヤカワがラノベ界の尖った新人を拾ってきたので、読んでみる。処女作も青春ミステリの良作だったんだけど、ハーレムラノベ要員にされて、今作で復活である。
      米澤穂信に代表されるような、背景を濃くしたライ...

      続きを読む
    • 2017/10/01Posted by ブクログ

      青崎有吾さんの『体育館の殺人』とか、似鳥鶏さんの市立高校シリーズ『理由あって冬に出る』とかが好きな方にはオススメ。

      各章がちゃんと最後につながった!

      作中に登場するCD、聴いてみたいかも。

    • 2014/12/06Posted by ブクログ

      青春ミステリ。
      キャラが立っていてとても良かったです^ ^
      いやぁ、こんな恋がしたいなぁ(泣)
      続編希望!

    開く
    [{"item_id":"A000269043","price":"638"}]

    セーフモード