小説家という職業

森博嗣

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小説家になるためにはどうすれば良いのか? 小説家としてデビューするだけでなく、作品を書き続けていくためには、何が必要なのだろうか? プロの作家になるための心得とは? デビュー以来、人気作家として活躍している著者が、小説を書くということ、さらには創作をビジネスとして成立させることについて、自らの体験を踏まえつつ、わかりやすく論じる。【目次】まえがき/1章 小説家になった経緯と戦略/2章 小説家になったあとの心構え/3章 出版界の問題と将来/4章 創作というビジネスの展望/5章 小説執筆のディテール/あとがき

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/12/19Posted by ブクログ

      この本は小説家を目指す人に向けたエールの本だと期待すると大半の人はその期待を裏切られると思う。私は、小説家に憧れる者ではあるが、実際に小説で金を稼ごう、食っていこうとは今のところ真剣には思っていない。...

      続きを読む
    • 2010/07/06Posted by ブクログ

      素晴らしい。

      小説をこれから書いていく人は、
      ぜひ読んでください。



      145ページ最終行の表現だけは、申し訳ないけれど、
      重版時に変更してください。

      第一義的に、この作家が、
      この言葉が「誤用...

      続きを読む
    • 2011/07/17Posted by ブクログ

      この本は決して小説家になるためのノウハウ本じゃない。
      むしろ、辞めておけと苦言を呈している。
      文筆とは芸術じゃない。ビジネスだとはっきり言ってる。
      「小説家という商売」というタイトルでもいいんじゃない...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000269027","price":"715"}]

    セーフモード