ヤマト王権と十大豪族の正体 物部、蘇我、大伴、出雲国造家……

著:関裕二

630円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    饒速日命の末裔の物部氏、武内宿禰の末裔の蘇我氏、長髄彦の末裔の尾張氏――これら古代豪族はヤマト建国黎明期にそれぞれがヤマトの頂点に君臨し、また王家と血縁関係を結び、王家に女人を送り込んできた人々であった。彼らは王家と同等の権威を兼ね備え、あるいは、王になることもできた。この事実に驚く読者も多いだろう。古代においては、天皇と臣下という現在のイメージとは違い、彼らと王家が共同でヤマトを治めていたのだ。しかし、この複数の豪族と王家が合議によって、ヤマトを支配した体制は平安時代に藤原氏の専横状態になっている。共存してきた古代豪族は次から次と姿を消し、藤原氏だけが生き残り、政権を独り占めするという偏った状態が出来ていたのだ。この間、何があったのか?ここに「記紀」に隠蔽されたヤマト誕生の秘密と真実の古代史が隠されている。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/12/12Posted by ブクログ

      内容的には以前からの著者の説が展開されているので
      他の著書を読んだ後でないと??な部分もあるかもしれませんが
      古代豪族毎に出自や歴史が書かれているので
      古代史に興味がある方はご一読されたら楽しめると思...

      続きを読む
    • 2013/10/22Posted by ブクログ

      蘇我氏、物部氏など、豪族単位で書かれた本。
      さいきんの関説を読むにはこれがいいかもしれない。
      全く関説を知らない人からすると、
      !?となる部分が多いかもしれないので、そのつもりで読んだ方がいい。
      また...

      続きを読む
    • 2013/10/25Posted by ブクログ

      著者は藤原氏に何か恨みでもあるのだろうか……。
      学生時代、藤原氏の研究をしていた身としては、色々と、私情が入りすぎ(スカイツリーの名を冠した駅や路線に関しての愚痴?)ではないかと思った。

      成り上がる...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000268677","price":"630"}]

    セーフモード