笑える! 世界の七癖 エピソード集

著:岡崎大五

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「実は謝るアメリカ人」「簡単にぼられる中国人」「ロシア人は二重人格!?」「歩かないタイ人」「猫舌なフランス人」「ブータンはフリーセックスの国!?」「融通が利かない日本人」「インドで出家するとモテモテ!?」「賄賂が当たり前のトルクメニスタン」「早足シンガポール」「オシャレな小国、ブータン」……本書では、世界83ヶ国を旅してきた著者が抱腹絶倒のエピソードを「手くせ」「足ぐせ」「口ぐせ」「酒ぐせ」「性癖」「潔癖」「奇癖」の7つに分類し、紹介。思わず「悪い癖だな」と口走ってしまう場面も。「なくて七癖」ではないが、世界は我々の想像をはるかに超えた「クセ」で満ちており、癖を通してお国柄も見えてくる。「手くせ」が悪いのは人?奇妙な「性癖」を露呈したのは人?「潔癖」なのはやっぱり人?日本人の隠れた癖もネタになっているかも?さあ、日本と世界のギャップを感じ、笑ってみよう!

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/02/02Posted by ブクログ

      暇つぶしにさらっと読むのにちょうどいい、うえに面白いと思う。
      読んでてへ~って思えるエピソードがいくつかあった。

      作者の人みたいにバックパック旅行してみたいなぁと思った。

      特にニューヨークの話とフ...

      続きを読む
    • 2011/06/01Posted by ブクログ

      日本から見たら面白く感じる、世界の風習。
      なぜ、そんな習慣があるのかが経済、歴史的な観点で説明されており、なるほどなと頷く場面がしばしばありました。

      中でも、なぜチップを渡す必要があるのかという内容...

      続きを読む
    • 2009/11/17Posted by ブクログ

      各国の人々の癖を、七つ(手癖、足癖、口癖、性癖…)に分けて紹介するという本。
      面白いなーと思うエピソードがたくさんありました。
      ちょっとした小ネタが満載です。

      まあしかし、この手の本によく出てくる賄...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000268674","price":"660"}]

    セーフモード