不思議列車がアジアを走る

下川裕治/中田浩資

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の中古列車が走るジャカルタ、真冬のシルクロード南疆鉄道、窓ガラスのない木造車両のヤンゴン環状線、レトロな味わいの台湾ローカル列車、タイからラオスに向かうゆるい国際列車、日本からすぐ行ける韓国ローカル線&廃線旅、時速32キロのサハリン紀行――。アジア各地の不思議な列車をめぐる旅行エッセイ。豊富な取材写真、路線地図や現地鉄道情報も収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 2013/10/10

      下川氏の作品の魅力は、何と云っても単なる旅行記やガイドの類と違って、行った先で氏が感じたことが非常にリアルに伝わってくることだ。まるで自分が体験したことのように感じられるところが上手さなのだと思う。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2016/10/18

      かつて「ど○く」で連載されていた頃、愛読していた。
      この本ではなかったかもしれないが、著者は列車に乗車中テロに見舞われた経験を持っているらしい。
      (「ど○く」のコラムでそういう話をしていたように思う)...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2015/02/05

      さすが下川さんの鈍行旅行記。インドネシアとチベット・タイの話が面白かった。鈍行列車には、地元の物売りが乗ってくるんだね。普通に旅行していたら、絶対知りえない世界を教えてくれた。ロシアの話がもっと知りた...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード