やさしいため息

青山七恵

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    社会人五年目で友人なし。恋人は三ヶ月前に出て行ったばかり。そんな私の前に四年間行方知れずだった弟・風太がリーゼントの緑くんと共に現れた。突如始まった、弟との奇妙な共同生活。そんな風太は毎夜、なぜか私の「観察日記」を付け始めたのだが…。短篇「松かさ拾い」を併録。『ひとり日和』に続く、芥川賞受賞第一作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/03/11Posted by ブクログ

      青山七恵さんは『ひとり日和』が好きなのと私と同世代ということでこの小説を読んでみようと思いました。この方の文章はやっぱり好きです。後半に収録されている磯崎憲一郎さんとの特別対談もとても良く、私も小説書...

      続きを読む
    • 2012/11/18Posted by ブクログ

      気負わず読める小説。
      ちょっと踏み出してみたり、前向きになんでもやってみたり。失敗してもまあいいかと思えるときもあるし、逆にひどく落ち込むときもある。
      上手くいったりいかなかったり。一辺通りに日々は過...

      続きを読む
    • 2018/01/05Posted by ブクログ

      2017年、ラストに読んだ本。

      私の今日までのこの1年間も、明日からのまた1年間も、まどか の毎日とそう変わらない とるに足らない、日記にしてしまえば べつだん面白くもなく起伏のある日常ではないと思...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000268468","price":"572"}]

    セーフモード