耳で考える ――脳は名曲を欲する

著者:養老孟司 著者:久石譲

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間はなぜ音楽を生み出し、社会においてどのように役割づけてきたか?そして私たちはどのような曲を美しいと感じ、どうやってそれを受け入れていくのか?謎の多い分野に脳科学と映画音楽の第一人者が挑む!

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    25
    5
    7
    4
    9
    3
    7
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/20Posted by ブクログ

      Vol.42
      時間が経っても色あせないものとは?
      http://www.shirayu.com/letter/2009/000087.html

    • 2018/09/13Posted by ブクログ

      食わず嫌いで、対談モノはあまり読んでこなかったのですが、久石さんとの対談とのことで手に取った。
      久石さんご自身があとがきで言われているとおり、彼は聞き役。

      養老さんの話力はさすがで、学者の明晰なとこ...

      続きを読む
    • 2018/02/20Posted by ブクログ

       脳に関する多数の著作を持つ解剖学者、養老氏と宮崎アニメなどの映画音楽を中心として知られる作曲家、久石氏の対談。
       音楽が人々をとらえる仕組みを、人類や生物の起源までさかのぼる。視覚や触覚と比較しなが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード