ハーレクイン・ディザイアセット3

オリヴィア・ゲイツ / アンドレア・ローレンス 翻訳:中野 恵 / 高橋美友紀

1,231円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    ハーレクイン・ディザイア2作品収録『消せない情熱の記憶』―あれほど残酷な形で私を拒絶した彼が、まさか今になって戻ってくるなんて。カリオペとロシアの鉄鋼王、マクシムの出会いは衝撃的だった。二人はひと目で熱い恋に落ち、理性を振り捨て、甘い陶酔にひたった。共に不幸な両親を見て育った二人には結婚という選択肢はなく、情熱が燃えつきたら潔く別れるというのが了解ずみのルールだった。だが、想定外の事態が起こった――カリオペが妊娠したのだ。マクシムは経済的な支援だけ約束し、父親にはならないと言い放つ。そればかりか、その半年後、忽然と姿を消してしまった。ああ、なぜ彼はこんなひどい仕打ちをするの?絶望のなか出産し、一人で必死に赤ん坊を育てるカリオペ。ところが1年後、マクシムが突然現れて……?!『命じられた結婚』―愛を求めてはいけない。私は偽りの花嫁だから――。「僕と結婚してほしいんだ」逞しくセクシーなボス、リアムの突然の言葉に、フランチェスカは困惑した。いったいどういうこと?初めて出会ったときから、リアムに惹かれていた。だが彼はプレイボーイで、結婚には向かない男性だと感じていたのだ。そのリアムが会社の大株主である大叔母に、早く身を固めなければ会社を任せられないと結婚を急かされ、思いついたのが偽装結婚なのだという。悩んだすえ、フランチェスカはプロポーズを承諾し、幸せな婚約者を演じることに努める。二人の関係に愛は必要ないのに、リアムへの愛は増していくのだった。報われない想いを胸に、フランチェスカは偽りの結婚式を迎えるが……。※重複購入にご注意ください

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード