ハーレクイン・イマージュセット17

ハーレクイン・イマージュセット17

スーザン・メイアー/ベティ・ニールズ 翻訳:深山ちひろ/水月 遙

1,254円(税込) クーポン利用で754円獲得へ
1%獲得

12円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 754(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/08/31 23:59 まで有効

獲得

クーポンを変更する

★お得なセット価格★ハーレクイン・イマージュ2作品収録『ナニーと最後の独身貴族』―名門ブルースター家の老家長ノームに嫁いだ姉が事故で亡くなり、天涯孤独となったクリスティンは打ちひしがれていた。ところがその姉がじつは三つ子の赤ん坊を遺していたことを知り、ノームの息子3兄弟が親代わりをしているという屋敷を訪ねた。その日ブルースター邸では末弟の結婚披露宴が催されており、タキシードを着こなした美しき黒髪の長男グラントが玄関先に現れた。かたや、みすぼらしい田舎娘といった格好のクリスティンは、素敵な彼と冴えない自分を比べ、恥ずかしさに赤面した。だが、グラントが三つ子の世話係が足りず困っているのを見て、彼女はナニーを買って出た――みずからの正体を明かさぬまま。『涙色のほほえみ』―母を亡くしたばかりのアビゲイルには、早急にお金が必要だった。看護師として働いていた病院は母の看病のために辞めていたし、少しずつ切り崩していた貯金も、葬儀代で底をついてしまったからだ。そしてオランダでの仕事で会ったのが、ファン・ワイケレン教授だった。外科医の彼は容姿端麗で、聞きほれるほどすてきな声の持ち主だ。ただし、目にも口調にも温かみはなく、彼女を嫌っているようだった。でもどんなにうとまれても、彼に会うと胸はどきどきしてしまう!教授は昔、誰かに傷つけられて、冷たく気難しい人になったという。彼がまた人を愛せるよう、私が役に立てればいいのに。だから今日も、アビゲイルは涙を隠してほほえみつづけた……。

続きを読む