賭けられた花嫁 【カッファレッリ家の祝祭 III】

メラニー・ミルバーン 翻訳:中村美穂

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    鞭打ちの刑か、宿敵との結婚か。生き延びるために、どちらかを選べだなんて。賭に負けてスコットランドの古城を失ったと父から知らされ、アンジェリークはショックを受けた。相手が長年の宿敵、レミー・カッファレッリだと聞けばなおさらだ。あの城は亡き母の大切な生家。絶対に取り戻さなければ。アンジェリークはレミーが滞在するダービリ首長国に向かい、直談判するため、彼のホテルの部屋に忍び込んで待つことにした。だがこれが、思いがけない展開を生んでしまう──この国では独身男女が二人きりで会うことは禁じられていたのだ。役人に見つかって連行され、動揺するアンジェリークの耳に、レミーの予想外の言葉が聞こえた。「彼女は僕の婚約者だ!」

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 2014/07/21Posted by ブクログ

      はっきりものを言うヒロインは嫌いじゃない。
      ハーレにありがちないつもやられっぱなしのヒロインより、真正面から戦うヒロインに魅力を感じた。

    • ネタバレ
      2014/07/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード