国産材はなぜ売れなかったのか

著:荻大陸

2,095円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    空気売り、役物頼み、品質管理の遅れ――失敗を繰り返さず、真の「国産材時代」を迎えるために参考となる、最適の書籍です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/09/29Posted by ブクログ

      日本林業の危機の主な原因「国産材が売れない」。それは安い外材の流入だけでなく,売る努力をしてこなかった国産材自体にもあった。日本の木材業界がこの問題を抱えるようになった経緯と現状が詳しくそして分かりや...

      続きを読む
    • 2017/05/06Posted by ブクログ

      ・製材品がまともな建材(狂わず、変質しないもの)であったなら
       集成材や新建材などの代替材が、これほど進出することは
       なかった。

      ・「売れなくて当たり前」というべき国産材の欠陥

      ・第二次大戦後、...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000267991","price":"2095"}]

    セーフモード