【最新刊】地図に訊け!

地図に訊け!

1冊

著:山岡光治

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地図帳は実用書でもあり、”ガイドブック”でもある。そんな地図を使いこなすには、「地図が発する声」に耳を傾けるのがいちばん。地形表現や記号の意味と理由、官製地図の歴史や最新技術、国土地理院の仕事、測量や地図編集の苦労話…。地図の使い方から意外な楽しみ方まで伝授します。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/06
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    5
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/13Posted by ブクログ

      元国土地理院の技官だった著者による、地形図の裏話。

      作図技術や「図式」と呼ばれる作図マニュアルの歴史的な変遷、地形図に潜んでいる「間違い」「影や風向きなどの表現」「(ある種の)ウソ」などのエピソード...

      続きを読む
    • 2015/09/07Posted by ブクログ

      著者は、国道地理院の地図測量技官だった人。 実体験に基づいた内容に加え、「地図上の光は北西から、風は西から」というのは「言われてみれば確かに」と納得した。元々、地図が軍の為のものだった、というのも「橋...

      続きを読む
    • 2013/08/14Posted by ブクログ

      著者は国土地理院に技官として入所し、ゼンリン勤めている(いた?)バリバリの実務家=実際に地図を作っていた方。
      そんな訳で文章は少々堅く読みやすいとは言い難い本ではあるのですが、いわゆる地図本(いわゆる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード