苦手なあの人と対話する技術

著:北川達夫

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ▼コミュニケーションツールは数あれど・・・昨今、携帯電話にメール、FacebookやTwitter、LINEなど、気が合う仲間、友人、飲み友とのコミュニケーションツールには事欠かない。しかし口も聞きたくない嫌なやつ、苦手な上司や得意先とは、そんなツールどころか、対話の方法すら見あたらない。でもそんな苦手な相手とも、商談、接待、打ち合わせなど、ビジネスの上では避けて通れない時がある。そんな時、どうしたらいいのか。フィンランド大使館員として長らく勤務し、なかなか通じ合えない諸外国の人々と対話をしてきた「対話の達人」がその方法を説きあかす。▼人間関係の成立が困難な状況下でも本書は単に具体的対処法を説いたものではない。対話とは何か、対話のための考え方などを紹介している。なぜなら具体的対処法のみでは、「このような場合」には通用するが、「あのような場合」には通用しないかもしれないからである。人間関係の成立が困難な状況やコミュニケーションの成立自体が困難な状況下でどう考えればよいか、汎用性のある指針を示してくれている。▼前著とあわせて2010年に刊行された、著者の前著『不都合な相手と話す技術』も対話力を高める方法を説いたもの。前著とあわせて読めば、あなたも「対話の達人」に一歩も二歩を近づけるはずである。【主な内容】1いま、求められる対話の技術2上から目線の対話になっていないか3われわれ、日本人が注意すべき対話4対話の極意5今の日本を生き抜く対話術6外国語を習得するとっておきの方法

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/05/27Posted by ブクログ

      著者のコミュニケーション論はいつも新しい視点を与えてくれる。
      価値観を共有できていない相手だからこそ、""対話""が必要になるのだ。そして対話には精神的タフネスさが必要になるのだ。
      著者の本を読むと、...

      続きを読む
    • 2014/05/28Posted by ブクログ

      このひと頭いいな。学者さんってわけではないけど、コミュニケーションのすごく深いところをわかりやすくまとめている。
      人間はわかりあえないからこそ、やぼなコミュニケーションに時間をかけていく。その姿勢は変...

      続きを読む

    セーフモード