自殺って言えなかった。

編集:自死遺児編集委員会 編集:あしなが育英会

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「もう逃げない。堂々と生きていきたい!」自殺で親を亡くした子どもたちが、社会に向けて語りはじめた。日本全国の自殺者数は1998年から2004年まで、7年連続で3万人を超えています(警察庁調べ)。その影には、何の罪もない「自死遺児」と呼ばれる子どもたちが、毎年1万人以上も増えつづけていることをあなたはご存知でしょうか?子どもたちは心に傷を負うだけでなく、経済苦や社会の偏見などと向き合わなければなりません。彼らがいま伝えたいことは何か?語りはじめたメッセージを受け止めてください。※以上は『自殺って言えなかった。』(サンマーク文庫)が刊行された2005年9月当時にまとめられた紹介文です。*目次より◎声を出せないでいる遺児や遺族のために(山口和浩・21歳)◎どうしたら父は死ななかったのだろう(藤田優子・19歳)◎私が学生としてできることを(ツバサ・21歳)◎お父さんへ(ショウ・10歳)◎今まで言えなかったこと(ツグミ・16歳)◎まだ子どもには話せません(マリコ・48歳)◎「自殺」(ユミコ・37歳)◎【座談会】たくさんの壁を乗り越えて。ほか

    続きを読む

    レビュー

    • 2007/07/01Posted by ブクログ

      自殺する人もつらいのだろが、残される人の気持ちも、考えたことあるのだろうか。この本は残された人たちが自分の思いを語ってくれた。綴ってくれた。確かに簡単に自殺の出来る世の中。自殺するほうもつらい。しかし...

      続きを読む
    • 2007/06/17Posted by ブクログ

      この世のみんなに読んでもらいたい。子供の自殺だけが問題じゃない。親を亡くした子供には同情するんじゃない。

    • 2006/09/26Posted by ブクログ

      自らの身内を自死で亡くされた方の手記が主に書かれている。また、自殺の現状や自殺に関する捉え方の現状などについても書かれている。
      この本を読んでみて、「自死は弱い者がすることだ」という考え方がいかに傲岸...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000267938","price":"660"}]

    セーフモード