社会は絶えず夢を見ている

著:大澤真幸

1,386円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いつも「リスク社会」は可能性として語られてきた。ついに到来した「震災・津波・原発」の惨状を見据え、ありうべき克服を提起する強靱な思考。連続講義第一弾。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/07Posted by ブクログ

      資本主義のもとでは、常に未来の快を考えねばならず、その連鎖は終わることがない。それゆえ、未来の快そのものの内容がどんどん抽象化され、その果てに快自体が不可能であるという事態が来る。快は超越的な規範(第...

      続きを読む
    • 2013/02/09Posted by ブクログ

      「日本語で考えること」「コミューン主義」「リスク社会」「現代における革命」の4講から構成。一読読解困難な面もありますが、3.11後の日本、および現代資本主義に対する思考的アプローチとして重要な視座が書...

      続きを読む
    • 2012/02/06Posted by ブクログ

      著者の講義録。
      自分が東大に入れないことを考えると、講義録って嬉しいのかな?
      サンデルの白熱教室みたいなものでしょうか。
      実際に現場で講義を受けてみたいですけどね。

    開く
    [{"item_id":"A000267926","price":"1386"}]

    セーフモード