試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

著:尾形真理子

606円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる化粧品会社勤務のOL……。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。「あなたといたい」と「ひとりで平気」をいったりきたりする女心を優しく励ましてくれる物語。ルミネの広告コピーから生まれた恋愛小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/10/14Posted by ブクログ

      友人にお勧めされて読みました。

      ルミネの広告コピーを手掛けたライターの作品で5つの恋愛短編集。

      10年近く付き合っている彼氏との倦怠期に悩む女性。所帯持ちの男性との不倫する女性。会社の年下社員に恋...

      続きを読む
    • 2017/12/31Posted by ブクログ

      最近本を読むときはもっぱら図書館だったけど、久々にジャケ買い的に本を買おうと思って目に留まったのがこの本でした。ルミネの広告のコピーみたいだなって思って、いつもルミネのキャッチコピーはうまいなーってつ...

      続きを読む
    • 2017/09/29Posted by ブクログ

      題目のインパクトが強くて、ついつい手を取ってしまった小説です。よかったと思える小説でした。

      読了後のホッとした感じとワクワクした感じが混ざって。
      私にもこんな瞬間が訪れるといいなと、
      心がきゅっと、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000267848","price":"606"}]

    セーフモード