【最新刊】試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

1冊

著:尾形真理子

595円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる化粧品会社勤務のOL……。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。「あなたといたい」と「ひとりで平気」をいったりきたりする女心を優しく励ましてくれる物語。ルミネの広告コピーから生まれた恋愛小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/06
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    154
    5
    30
    4
    65
    3
    47
    2
    10
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      こんな服屋さんがあったらいいなぁと思った。試着室でいいと思う服を着ると、気持ちが明るくなる。そこで見て欲しいとかこの服を来て会いたいと思い出す人には本当に恋をしているということなんだろう。なんだかほっ...

      続きを読む
    • 2019/08/29Posted by ブクログ

      まずタイトルが素敵。
      タイトルに惹かれました。

      その人のことを考えながら選ぶ服は自分を素敵に見せてくれるんだなって思いました。

    • 2019/08/23Posted by ブクログ

      オンとオフの調和をとってくれた一冊。ドタドタと過ごしてた時間をリセットしちゃうからすごい。おかげでこの数日気を張り詰めずにほわーっとできた。
      .
      著者はコピーライターさん。一文が短いから、すっきり読め...

      続きを読む
    開く

    セーフモード