チーズはどこへ消えた?

[著]スペンサー・ジョンソン/[翻訳]門田美鈴

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この小さな本が世界のビジネスマンを変えてゆく!迷路のなかに住む、2匹のネズミと2人の小人。彼らは迷路をさまよった末、チーズを発見する。チーズは、ただの食べ物ではなく、人生において私たちが追い求めるもののシンボルである。ところがある日、そのチーズが消えた!ネズミたちは、本能のままにすぐさま新しいチーズを探しに飛び出していく。ところが小人たちは、チーズが戻って来るかも知れないと無駄な期待をかけ、現状分析にうつつを抜かすばかり。しかし、やがて一人が新しいチーズを探しに旅立つ決心を…。大手トップ企業が次々と社員教育に採用。単純なストーリーに託して、状況の変化にいかに対応すべきかを説き、各国でベストセラーとなった注目の書。状況変化への対応を説いたビジネス書として、人生のいろいろな局面を象徴した生き方の本として多くの人に読まれています。アナタの人生は確実に変わる!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/03/29Posted by ブクログ

      物語を通して、急激な状況の変化にいかに対応すべきか、を伝えてくれるお話。物語調なので、とても分かりやすく、かつ自分にも置き換えやすいが、言い回しが違うだけで同じことを言っているのでは?と思う表現や文が...

      続きを読む
    • 2020/03/29Posted by ブクログ

      どうして変化は何かもっと悪いことをもたらすなどと思っていたんだろう。変化はもっといいものをもたらしてくれるのに。
      古いチーズに早く見切りをつければ、それだけ早く新しいチーズが見つかる。
      自分の心の中に...

      続きを読む
    • 2020/03/29Posted by ブクログ

      チーズを求めて、小人ふたりと鼠二匹が、それぞれ変化に対してどういう考えでどう行動するかが物語で描かれている。
      そのチーズとは、人々が求める様々なことやモノに置き換えることができる。

      急速に変化する時...

      続きを読む
    開く

    セーフモード