赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行

松本侑子

1,324円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『赤毛のアン』の舞台プリンス・エドワード島を、毎年現地を訪れる翻訳者ならではの視点で物語や著者モンゴメリとの関連を明らかにしつつ徹底ガイド。特にグリーン・ゲイブルズについては見落としがちな部分も含めて詳細に解説。島でお勧めのホテルやレストランも紹介。物語に登場する花を含め、全ての写真は実際に現地で撮影したもの。翻訳者によるシリーズ全巻解説では、幻の最終巻『プライス家は語られている』を、ウォルターの遺作となった詩「笛吹き」の訳とともに紹介した。※この電子書籍は2013年2月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/05/16Posted by ブクログ

      プリンス・エドワード島、いつかいってみたい。
      実際に行くことになった時に、再度これを読めば、アンの関係地はばっちりです。
      赤毛のアンを読んで、想像していた通り、この島の自然は素晴らしい。
      おばけの森を...

      続きを読む
    • 2013/04/23Posted by ブクログ

      プリンスエドワード島の簡単な地図及び縁の場所の写真など多数掲載。プリンスエドワード島を訪れる際、この本で予習していれば、見どころをチェックできます。また、また、行った事のある人は、この本により思い出が...

      続きを読む
    • 2018/02/17Posted by ブクログ

      集英社文庫版赤毛のアンの訳者、松本侑子さんによるプリンス・エドワード島のガイドブック。実は赤毛のアンは、新潮文庫版を途中まで読んで挫折した為、いがらしゆみこさんがコミカライズされたものを読んだ程度の知...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000265964","price":"1324"}]

    セーフモード