ヘビーデューティーの本

著:小林泰彦

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。1970年代~のアウトドアファッションやグッズを懐古するためにも最適・最良の本。1970年代のアウトドアブームの発端はアメリカのアウトドアファッションやアウトドアグッズ。当時「POPEYEポパイ」「MEN’SCLUBメンズクラブ」などでブームをリードしたのが小林泰彦氏。1977年発行『ヘビーデューティーの本』は「MEN’SCLUBメンズクラブ」の掲載記事を中心にまとめられたもの。当時の生の雰囲気を伝える本としても、『遊歩大全』『バックパッッキング入門』マニアの人気がとても高く、古本市場でも高値で貴重な存在。豊富なイラストで現代の読者でも楽しく読める内容である。雑誌中心に当時を振り返る記事が増えている現在、興味を持たれる読者は多いのではないだろうか。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/01/23Posted by ブクログ

      ヘビーデューティってなんだろうと思って読みました。
      老舗のアウトドアメーカーの定番となってるモデルが昔どんな風に捉えられていたのか、どんな背景で作られたのかなどがわかって面白かったです。
      これを読んだ...

      続きを読む
    • 2015/08/30Posted by ブクログ

      70年代、アウティングに関連したファッションの読本。コリン・フレッチャーの遊歩大全があまりにも長いので、間に箸休め的に読んでみた。
      アウトドアの実践的なことはなく、あくまでもファッションについて。
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/10/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード