【最新刊】ソロ 単独登攀者 山野井泰史

ソロ 単独登攀者 山野井泰史

1冊

著:丸山直樹

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ヒマラヤの大岩壁に果敢な単独登攀で挑み続けた山野井泰史。その行動と思想を克明な取材で追う。10代のクライミング武者修行からトール西壁、冬季フィッツロイ、冬季アマ・ダブラム西壁の単独初登を経て、チョ・オユー、マカルーといった8000メートル峰の壁に挑むまでを描いた意欲作である。山野井泰史は、沢木耕太郎著『凍』のモデルとなった登山家で、『凍』は講談社ノンフィクション賞も受賞している。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/30
    連載誌/レーベル
    ヤマケイ文庫

    レビュー

    4
    7
    5
    3
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/07/17Posted by ブクログ

      著者の知性の乏しい文章が不快だが山野井さんからいろいろと引き出してはいるのは評価できる。最終章の自分の哲学を無理に山野井さんに当てはめようとしているのは特に酷いから削ったほうが良い。

    • 2014/12/10Posted by ブクログ

      「凍」と「垂直の記憶」を読んでから山野井さん関連本にハマっている。

      「ソロ」は山野井さんの生い立ちやクライミングの経歴に関してかなり細かく書かれており、非常に興味深く読むことができた。
      関係者の話も...

      続きを読む
    • 2014/08/03Posted by ブクログ

      沢木耕太郎『凍』を読んだ後、
      山野井泰史氏のことをもっと知りたくなり、本書を読んだ。

      『凍』がギャチュンカン登攀をメインに据えて
      そこに至るまでの過程として山野井氏の人となり・経歴に触れているのに対...

      続きを読む
    開く

    セーフモード