鈴木みきの 山の足あと

著:鈴木みき

1,056円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。鈴木みきが、『山と溪谷』『ヤマケイJOY』『富士山ブック』等の取材にかかわるなかで、登山者として成長していく姿を振り返ります。当時の記事と、それに対する後記という構成、そして、メインの写真に加え、イラストやマンガもふんだんに提供しています。奥秩父・雲取山や北アルプス・穂高連峰、南アルプス・白峰三山といったポピュラーな山をメインにしながらも、南アルプス・仙塩尾根や北アルプス・西穂~槍といった難コースも加わり、初級者だけでなく山慣れした登山者も楽しめる内容となっています。※鈴木みきさんは、2000年『ヤマケイJOY』の読者モデルとしてスタートしています。

    続きを読む
    • 鈴木みきの 山の足あと 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      鈴木みきの 山の足あと 全 2 巻

      2,112円(税込)
      21pt獲得

    レビュー

    • 2013/07/06Posted by ブクログ

      編集部が用意したという冬山フル装備で雲取山に立つ可愛い姿から、ハーネスつけて大キレットを越え槍の穂先に立つまで。娘の成長を見るようでお母さんは嬉しい。MAPイラストの細かい所まで楽しませていただきまし...

      続きを読む
    • 2013/06/18Posted by ブクログ

      この人「登山が好き」というより「山が好き」なんだな~と、新刊読むたびに思う。今までの雑誌掲載記事の編集+α本ですが、新しく読むと新鮮に感じたり。山に行きたくなったよ。

    • 2014/09/28Posted by ブクログ

      前作に引き続き、購入(笑)というより、筆者が雲仙 普賢岳の取材の日、私も同じ山にいたから!(笑)残念ながら、山行中の筆者と会うことは叶いませんでしたが、「あの日の景色が写真になって本になってる!」がメ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード