ビジネスパーソンのための最強のホテル―週刊東洋経済eビジネス新書No.59

編:週刊東洋経済編集部

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    朝食の「エッグベネディクト」で人気の浅草・ザ・ゲートホテル雷門、東京駅に近い立地と和テイストが受け高稼働を続けるホテル龍名館――。今、全国各地でこうしたホテルが少しずつ増えている。安かろう、悪かろうだったビジネスホテルが、ワンランク上の居心地やサービスを提供するようになった。宿泊予約もネット中心の時代となり、ホテル経営の成否は口コミが左右する。大手チェーンでないホテルであっても、客観的な口コミ評価が発信され、集客につながっている。特集では、こうしたホテル業界の地殻変動を詳細にリポート。旅行ジャーナリストなどプロが選んだ、全国13エリア別のベストホテルランキングも掲載!本誌は『週刊東洋経済』2014年3月22日号第1特集の35ページ分を抜粋して電子化したもので、お求めになりやすい価格となっています。【主な内容】進化するホテル第3次開業ラッシュの実相column「Airbnb(エアビーアンドビー)」はホテルを脅かすのか活況呈するホテル投資関西ホテル戦争の裏側朝食目当てに泊まりたいホテルホテル「SNS対策」の最前線プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル札幌「立地と温泉魅力に1位」仙台「復興需要で好調」東京「和空間からホテルバーまで好みのスタイルで楽しむ」横浜「仕事と観光両用の湾岸エリアが人気」北陸「眺望vs.温泉、和のテイストに底堅い人気」名古屋「マリオットアソシア他を圧倒する競争力」大阪・神戸「大阪は“マイ執事”、神戸は朝食のピエナ」京都「現代版の町家スタイルで京都らしさを味わう」広島「朝食で高評価の三井、高級さでシェラトン」福岡「ワンランク上を行く宿泊特化型が続々誕生」

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード