露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2

著:三木笙子

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    弟を喪った晴彦はパリに戻り、曲芸一座の名番頭・孝介の下で再び働き始めた。頭脳明晰だが無愛想な孝介を得意の料理で支えながら、贔屓筋から持ち込まれた難問題――皇帝が愛したルビーの呪い、時間を旅する予言者の謎、百合の冠と宝の地図――の解決に乗り出す。次第に心を開いていく孝介だったが、ある事件を契機に晴彦を遠ざけるようになり。

    続きを読む
    • クラーク巴里探偵録 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      クラーク巴里探偵録 全 2 巻

      1,400円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2015/07/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/08/30Posted by ブクログ

      ■明治時代の巴里で繰り広げられる物語

      明治時代のパリを舞台として、二人の男性が様々な謎を解いていく推理小説だ。

      内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパを巡業中の曲芸一座で、敏腕の番頭と...

      続きを読む
    • 2015/11/14Posted by ブクログ

      目の悪い自分は、読み始めるまで表紙の子はツインテールの女の子だと思っていたので(建物の影が絶妙に髪に見えた)本編の舞台がパリで、主人公が男だったことの衝撃を。ええ、大馬鹿者ですとも。

      1話め1行目か...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001713748","price":"679"}]

    セーフモード