とまどい本能寺の変

著:岩井三四二

1,500円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天正十年(一五八二)六月、本能寺の変勃発!天下にあと一歩まで迫っていた織田信長死す!これはピンチか、はたまたチャンスか!?この驚天動地の事態に、息子・織田信孝は誰につこうか右往左往し(「最後の忠臣」)、家臣・滝川一益はかつて褒美として関東の領地より茶道具を選んでおかなかった決断を後悔し(「関東か小なすびか」)、敵将・安国寺恵瓊は秀吉と和睦を結んだ後で真相を知って歯ぎしりし(「南の山に雲が起これば」)、側室・おなべは誰も安土城を守ろうとする者がいない中、懸命に声を張り上げた(「信長を送る」)。思わぬ事態に接した時ほど、人間の本性は出てしまうもの。あなたに似た人物もどこかに出てくるかも。信長の死によって運命を変えられ、大きな岐路を前にとまどう男たち、女たちを温かく(?)描いた、共感たっぷりの連作短編集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/06/25Posted by ブクログ

      最初の2編ほどはなかなか面白かったですが、
      だんだん、あれれ??という感じに。
      好きな時代だけにちょっと残念

    • 2014/01/26Posted by ブクログ

      安国寺恵瓊、堀秀政、織田信孝、滝川一益、安藤守就、おなべの方…本能寺の変によって人生を翻弄された人々を描く連作短編集。異色なのは、黒幕などいないと思っているのに、むりやりつづった「本能寺の変に黒幕はい...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000265195","price":"1500"}]

    セーフモード