伝説の灘校国語教師の「学問のすすめ」

著:橋本武

950円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2013年9月に百一歳で亡くなった、私立灘校の学力日本一の基礎を作った伝説の国語教師が、学ぶ楽しさ、生きる喜びを伝える本である。著者が50年間教鞭をとっていた灘校は、橋本式の独特な国語の授業を受けた生徒たちが、昭和43年に初めて東大合格者数1位となり、全国的に注目された。その折には、マスコミ等から様々な誤解を受け、詰め込み教育をしているなどの根拠のない噂が流れ、哀しい思いもしたが、生徒たちには楽しい勉強法を工夫し続けた。大学入試という難関を潜り抜けるには、学問の基礎力が必要である。その基礎は国語力を身につけることで初めて可能となる。国語は簡単に成果が出る教科ではないが、受身ではなく能動的に取り組み体験を伴うことで好きになっていくと、いつのまにか基礎力が身に付き、人生を切り拓く大きな力となる。百歳を超えたからこそ見つけた「学問のすすめ」は生きる喜びを享受する「橋本流生き方のすすめ」の指南書である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/11/08Posted by ブクログ

      H.25.11.8読了。図書館で借りた。
      手元に置いておきたい本。

      長年生きて、教師をしてきた人からの言葉には重みがある。金銭的余裕がなくても、勉強はできる。いつ始めてもよい。
      趣味も、いつ始めても...

      続きを読む
    • 2013/11/05Posted by ブクログ

      本当に楽しそうに横道にそれて授業を行う先生。
      どおりで長生きできるわけ。
      この人みたいな授業がしたいとずっと考えています。
      生き方のすすめのような本。

    • 2013/03/27Posted by ブクログ

      学問のすすめというよりは国語のススメ俺も中学校で教わっていたかった!
      これから本はスローリーディングで読後感想を書いてみよ

    開く
    [{"item_id":"A000265194","price":"950"}]

    セーフモード