精神科医が教える お金をかけない「老後の楽しみ方」

著:保坂隆

569円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「老後」と聞いて、真っ先に気になるのがお金のこと。でも世の中の大抵の人は、限りあるお金で最後まで上手に生きていくものです。なぜなら年を取って収入が減っても、衣食住など最低限必要な生活費も小さくなっていき、むしろ「お金を何に使うのか?」の自由度は高まるのだと、精神科医の著者は言います。そこで本書は、現役時代とは大きく異なる定年後の「節約」のあり方や、その楽しみ方を具体的にレクチャー。「趣味のお金は老後もケチらない――意外な行動力を生む!」「人生のベテランらしい『スマートな割り勘』を身につけよう」「食が細くなったからこそ『旬のもの』『土地のもの』を食べる」「『若さ』にこだわらない、『もう年だから』と開き直らない」「『捨』とは、欲望をどんどん整理していく生き方」など、“人生の総決算”に向けた、本当に自分の大切なことに「お金・時間・エネルギー」を注ぐうえでの知恵を伝授します。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2015/02/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/09/27Posted by ブクログ

      この本を読んで心したこと、これ。

      「何とかなる。何とかやっていく」ーこれが
      年金暮らしの心得。

      いずれは、無収入になる。その時は、心から腹を括って、
      「何とかなる、何とかやっていく」、そのような気...

      続きを読む
    • 2017/11/17Posted by ブクログ

      年明けには63になり、参考にこの手の本を幾つか読んでいる。これも含め多くの本が参考になるが、共通して言っているのは気負わず楽しく、のよう。この本は平易な文章で分かり易く、読んで良かった一つ。

    [{"item_id":"A000265191","price":"569"}]

    セーフモード