【最新刊】石の血脈

石の血脈

半村良

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アトランティス、暗殺集団、赤い酒場、巨石信仰、狼男、吸血鬼、不死の生命……。この本を手に取ったあなたは、これらの言葉からどんな物語を想像するだろうか。失踪した妻を捜し夜の街を歩く建築家・隅田、展示場から消えたアトランティスの壺を追うカメラマン・伊丹。彼らの周囲には、次第に不可解な出来事が起こり始める。一見脈絡のない事象を縦糸に、男女の愛を横糸に紡ぐ、半村良の伝奇ロマン。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/30
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2011/01/17Posted by ブクログ

      イスラムの暗殺教団、アトランティス、巨石信仰、人狼、吸血鬼、永遠の命、サンジェルマン伯爵。
      SF・伝奇モノの定番プロットがぎっしり詰まったミステリーの傑作。
      どのネタも今では手垢がついた感じだけど、こ...

      続きを読む
    • 2014/10/05Posted by ブクログ

      昔の日本SF、特にこの半村良や小松左京の作品には、面白ければ何でもありだ、面白い奴の勝ちなんだ、というようなある種批評を無効化させてしまう強さがある(山田風太郎もそうですね)。

      きっと物語を信頼して...

      続きを読む
    • 2013/05/11Posted by ブクログ

      1972年星雲賞受賞作品にして日本伝奇小説の記念碑的作品。
      私は読書に関しては極端な偏食者なので、今まで読んだことの
      なかった半村良。一度は読んでおかなければという思いもあって、
      今回存在を知ったこの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード