【最新刊】性と法律-変わったこと,変えたいこと

性と法律-変わったこと,変えたいこと

角田由紀子著

902円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    DV防止法,子どもの虐待防止法,セクハラに関する規定など,近年,当事者側の声から生まれた法律等がある一方,民法,刑法,売防法など,長年変わらないものもある.離婚,親権,賃金差別,性暴力…40年以上弁護士として様々なケースに携わり,新法の制定にも尽力した著者が,性を巡る法の問題点を明らかにする.

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/30
    連載誌/レーベル
    岩波新書

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • 性と法律-変わっ...2015/08/20Posted by ブクログ

      本書では、性に関わる法律を扱っている。
      民法という、我々にとって一番身近な法律から、DV防止法、刑法、売春防止法、風営法など「自分には関係ない」と思っている人が多い法律まで様々なものを取り上げる。
      ...

      続きを読む
    • 性と法律-変わっ...2019/08/12Posted by ブクログ

      女性弁護士でもある著者が、性をめぐる法の問題点を指摘する。DV防止法、売春防止法、男女雇用機会均等法など、具体的な法をトピックスとして、そこに潜む課題を浮き彫りにしている。ただ感情的に意見を述べるので...

      続きを読む
    • 性と法律-変わっ...2014/01/12Posted by ブクログ

      直近のDV防止法やストーカー規制法の改正内容が網羅されてあり、著者の信条であるラディカル・フェミニズムの立場を割り引いて読めば、とても参考になる本である。

    開く

    セーフモード