海賊とよばれた男 2巻

完結

原作:百田尚樹 作画:須本壮一

648円(税込)
ポイント 6pt

戦後、倒産の危機を迎えていた石油販売会社・国岡商店。終戦後、国内には自由にできる石油はなく、会社存続のため乗り出した本業以外の事業も芳しくなかった。進退窮まる中、突如石油を取り扱う事業がGHQから舞い込んだ。事業内容は「旧海軍のタンク底に残っている油を全て浚うこと」。かつて海軍でさえ敬遠した苛酷な作業だが、やり遂げなければ日本へ石油は輸入されなくなる。国岡は不退転の決意でこの難事業に挑む。

続きを読む
  • 海賊とよばれた男 全 10 巻

    未購入巻をまとめて購入

    海賊とよばれた男 全 10 巻

    6,480円(税込)

レビュー

4.3
3
5
1
4
2
3
0
2
0
1
0
  • 2018/07/07Posted by ブクログ

    海賊と呼ばれた男、国岡 鐡造。 敗戦後、全てを失った国岡商店を率いて復活できるのか? 己の信念に従い、進むその先に光はあるのか? 第2巻。

  • 2017/04/29Posted by ブクログ

    全10巻読了。原作小説、映画は未。戦後、会社の財産は人であるという信念に一縷のブレなく生きた人のお話。モデルは出光創始者、出光佐三。熱があって一気に読める。

  • 2014/09/24Posted by ブクログ

    非常に原作に忠実な漫画化作品の第二巻。漫画化作品を読み、興味があれば、原作に挑戦するのも良いかも知れない。確実に『永遠の0』の時より作画レベルが上がっており、チャラいキャラクターが登場しないところに好...

    続きを読む

セーフモード