【完結済み】攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~ 1巻

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~

完結

衣谷遊

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

時は西暦2030年。超高度ネットワーク社会で凶悪化するサイバーテロや電脳犯罪に対抗すべく、政府は非公認の超法規特殊部隊・公安9課(通称:攻殻機動隊)を組織した。そんなある日、公安9課に所属するトグサに刑事時代の同僚から一本の電話が入る。これは6年前発生した企業テロ事件「笑い男」事件につながるものだった……。『攻殻機動隊S.A.C.』の代名詞ともいえる「笑い男事件」シリーズが、ついに幕を開ける!!

続きを読む
ページ数
253ページ
提供開始日
2014/06/20
連載誌/レーベル
ヤングマガジン
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~ 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~ 全 4 巻

    3,080円(税込)
    30pt獲得

レビュー

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    トグサが似顔絵描くぜ、と意気込んで始めたものの、出来上がったのは「笑い男」マーク。という、「笑い男」で一番好きなシーン。
    驚きに固まる9課の面々と、記憶を疑いもいないトグサ。電脳の上書きによる記憶操作...

    続きを読む
  • 2020/07/13Posted by ブクログ

    映画的なミステリ、近未来という舞台に精密な画風がハマっていい説得力。欄外の企画はいいけど漫画にジャマな書体とサイズには辟易。25年前の初代より悪い手際で本文デザイナーには猛省を望む。

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    監視や潜入のサスペンス・ストーリーと同時進行で丁寧に散りばめられた謎の断片。良くできた脚本と演出だ。作者の『極東綺譚』時代もちょっと思わせる。

開く

セーフモード