【最新刊】給料が上がる人、上がらない人のたった一つの違い

給料が上がる人、上がらない人のたった一つの違い

お得

1冊

著者:高城幸司

924円462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    アベノミクスでも給料は上がらない。給与制度の仕組みが大きく変化しているのだ。「それでも同僚より給料を上げる方法はある!」と力強く説くのが本書。企業の本音とロジックを知って、今後の人生を大きく拓こう。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/23
    連載誌/レーベル
    メディアファクトリー新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/06/15Posted by ブクログ

      タイトルに「たった一つ」と書いてあったので、立ち読みで済ませようと手にしたところ、いい意味でタイトル通りの内容ではなかった。考査者だけでなく考査される側、また人事部・トップマネジメント視点での人事考査...

      続きを読む
    • 2014/05/14Posted by ブクログ

      ■読了後,「で,たった一つの違いって何なの?」
       と突っ込んでしまった。
      ■あまり鵜呑みにしない方がいいんじゃないのかなぁ…
       と感じるところもチラホラと。

    • 2014/04/12Posted by ブクログ

      成果を上げると上司に期待させ、指導により知見を部下に伝え、二つ上の立場で考え、ネガティブでやる気のない態度を見せず、傍流においやられてもくさらず、よくなることを信じて前進すればよい、と。肝に銘じて。

    セーフモード