ビストロ・パ・マル・シリーズ (3) マカロンはマカロン

著:近藤史恵

1,425円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルは、スタッフ四人、カウンター七席、テーブル五つ。フランスの田舎を転々として、料理修業をしてきた変人シェフ三舟さんの気取らない料理と、身も心も温めてくれるヴァン・ショーは大人気。そして、実はこのシェフ、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く名探偵でもあるのです。豚足をめぐる少年と母親の再婚相手との物語、おしゃれな大学教師が経験した悲しい別れの謎、消えたパティシエが残した言葉「マカロンはマカロン」とは?……等々、胸を打つ話ばかり。ブーダン・ノワール、豚足料理、マカロン、ベリーのタルト……メインディッシュもデザートもきっとご満足いただけます。絶品料理と数々の極上ミステリをどうぞ!

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    86
    5
    29
    4
    42
    3
    15
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/14Posted by ブクログ

      街のビストロを舞台にしたプチ・ミステリー短編。このシリーズはとても好きで全部読んでます。ライトに上質な物語を読みたい方はぜひ。

    • ネタバレ
      2019/06/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/03/19Posted by ブクログ

      続編が出てたとは!痛恨のチェックミス。
      レストランが舞台で、料理が鍵になるって、色々読んでからこの作品を読むと、専門用語の塩梅が絶妙だなって思います。
      2019/2/6読了

    開く

    セーフモード