インサイドセールスの実務―売上を3倍に増やす驚異の営業支援システム

著:沼澤拓也

2,079円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ▼インサイドセールスとは何かインサイドセールスとは、ひと言で言うと、営業支援のための仕組みである。内勤者(営業アシスタントなど)が、顧客に関する情報収集、データ化、電話フォローなどで、見込み客作りをする。その顧客情報を元に、営業マンは商談・クロージングに専念できるのである。「売り込まない営業」で顧客との信頼を構築できるのだ。▼足を棒にして歩く営業は営業マンというと、ノルマに追われ、足を棒にして顧客を回るつらいものを想起するかもしれない。しかしインサイドセールスで、そんなつらい営業の時代は終わったのだ。商談に専念できることで、営業マンの精神的・肉体的負担やストレスが減り、売上がグンとアップという。▼大手企業も次々と導入大手通信会社や外資系製薬会社など大手企業も次々と導入し、成果を上げている。本書では、インサイドセールスを導入し、十分な成果を上げるための組織作りと人材育成のノウハウを解説する。【主な内容】第1章企業における営業の現状と課題ビジネスは顧客をつくることから/飛び込み訪問&テレアポへの疑問/属人的な営業手法による企業リスクほか第2章インサイドセールスの特徴と仕組みこれまでの営業と「何が」違うのか/セールスとマーケティングの関係/インサイドセールスのメソッドほか第3章インサイドセールスの導入と運用いったいどれほどの効果があるものなのか/インサイドセールスによる顧客醸成スキーム/顧客を「個客」としてとらえるほか第4章インサイドセールスの評価4つの評価軸/質的な評価の基準/オペレーターの評価ほか第5章チャネルミックスとしてのインサイドセールス現代的なチャネルの活用/Webプロモーションとの連動/DM・資料などの紙媒体との連動ほか第6章さまざまなインサイドセールス事例集成績不振の営業マンが履歴管理の徹底で売上第2位に/訪問できれば5割の受注率!/一過性で終わらない仕組み構築で商談に貢献/想定外の引き合いがくるようになった!ほか

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000263886","price":"2079"}]

    セーフモード