小さな博物誌(小学館文庫)

著:河合雅雄

913円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。豊かな自然が人間を育てた。少年時代からふるさと篠山の野山で遊び、生き物たちに親しんだ世界的動物学者が綴る自然交遊記。自然の美しさ、いのちの不思議さなど、数々の思い出が感動とユーモアいっぱいの物語に。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/02/20Posted by ブクログ

      (2006.11.27読了)(2006.10.29購入)
      この本は、単行本で出た2冊の本『小さな博物誌』と『森の歳時記』を一冊にまとめて文庫にしたものです。『小さな博物誌』は、単行本で読んだのですが、...

      続きを読む
    • 2017/06/03Posted by ブクログ

      読書録「小さな博物誌」3

      著者 河合雅雄
      出版 小学館

      p202より引用
      “ 百万年に百キロしか移動しないアオイの
      船に乗り、ギフチョウは中部以西の日本一帯
      にすみついた。その無量の進化の営為が、...

      続きを読む
    • 2007/09/14Posted by ブクログ

      篠山の野山で遊び、生き物たちに親しんだ世界的動物学者が綴る自然交遊記。エッセイ集『森の歳時記』を併録。

    開く
    [{"item_id":"A000263839","price":"913"}]

    セーフモード