青い月のバラード(小学館文庫)

著:加藤登紀子

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。2003年の単行本発売以来、10刷を数えるベストセラーとなった同書待望の電子化。2002年にガンで先立たれたご主人=学生運動のリーダーだった藤本敏夫さんと獄中結婚を果たし、離婚の危機を乗り越えた夫婦愛、ガンとの闘いから死別までを赤裸々に綴る。孤独から立ち直り、今も心に生きる夫と共に新たな出発を決意する感動の書。著者の加藤登紀子さんは、国民的歌手であるとともに詩人・思想家であり、多くの著書をなした時代の語り部でもある。そのメッセージは、人々の心を揺さぶり、時代の貴重な記録としても長く読みつづけられるべきものである。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2007/07/23Posted by ブクログ

      あの小柄な身体には激動が詰まってる。
      だから、お登紀さんの歌声はあんなにも胸を打つ。

      事実は小説より奇なり、とはよく聞くけども。
      ぼんやりと聞いたことはあったお登紀さんとご主人の出逢いは、本書ではっ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/04/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    [{"item_id":"A000263820","price":"539"}]

    セーフモード