冷蔵庫を壊す

著:狗飼恭子

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    十歳の僕は転校生の女の子に、一目会ったその瞬間に恋してしまった。自分の全存在を賭けた小学生の初恋を描く、著者二十歳のデビュー作〈冷蔵庫を壊す〉。親友の恋人を好きになってしまった夏、女友達と彼との間で揺れる主人公の戸惑いをヴィヴィッドに綴った〈月のこおり〉。短編小説〈つばさ〉。三つの愛しい恋の物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2006/05/20Posted by ブクログ

      彼女の作品の中で一番好きなのがコレ。彼女の小説第一作が表題作の「冷蔵庫を壊す」なんだけど、これは小学五年生のミキモト君が転校生の女の子に一目ぼれしてしまう、という話。書き下ろし短編小説を含めて全3篇で...

      続きを読む
    • 2012/10/03Posted by ブクログ

      13年前に読んだものをもう一度。
      中学生が読むには少し背伸びし過ぎだったのかも。
      短編が三作、中でも「月のこおり」が好き。

      「冷蔵庫を壊す」と「月のこおり」。
      狗飼恭子さんの初期の作品なのだけれど、...

      続きを読む
    • 2007/06/16Posted by ブクログ

      初めて出会った、狗飼 恭子さんの本です。友達に中学生の頃に借りて読みました。それまでも本は読んでたのですが、狗飼 恭子さんの本に出会ってから、本の中の世界にのめりこんでいったような気がします。
      内容を...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000263774","price":"517"}]

    セーフモード