「流通戦略」の新常識 「超成熟消費時代」を勝ち抜く条件

著:月泉博

750円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    百貨店同士の大規模な合併、商店街の衰退、外資系の相次ぐ進出など、大変革期を迎えている日本の流通業界。そんな状況の中、もはや従来のやり方では熾烈な競争に勝ち残ることはできなくなっている。しかし、いまだ多くの流通業は過去の成功体験から抜け出せていない。これからの流通業・勝利の方程式を知る者だけが、この状況から抜け出すことができるのだ。本書は、ユニクロやしまむらなどの勝ち組流通企業の秘密を解き明かすとともに、「中間流通」「モールビジネス」「超成熟消費社会」「ジャパン・オリジナル」といった、これからの流通戦略のカギを握る重要トピックをやさしく解説。流通業界の仕組みと、流通戦略の新常識が1冊でわかる。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    9
    5
    1
    4
    3
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2013/06/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/10/09Posted by ブクログ

      メーカー主導から、小売主導への変遷の中で、
      押さえるべき「流通戦略」の新しい常識を述べた本。
      発刊が2007年ではあり、一部事例は古いが、今も十分に通じる内容。
      流通に携わっている人であれば、一読して...

      続きを読む
    • 2012/04/05Posted by ブクログ

      数少ない流通全般を説明している書物のひとつ。

      【ココメモポイント】
      「流通革命」の最大公約数とは
      ①欧米先進国に比べ、著しく遅れており前近代的である
      ②多段階で複雑な日本の流通(特に中間流通の存在)...

      続きを読む
    開く

    セーフモード