ユダヤ人に学ぶ危機管理

著:佐渡龍己

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    約二千年前に国を失い、世界に離散したユダヤ人は、想像を絶する苦難に幾度も遭い、多大な犠牲を払いながら、今日に至るまで繁栄を続けてきた。いかにして、ユダヤ人は生き延びることができたのか――聖書から導き出される問題解決の知恵。四方を敵に囲まれた環境ゆえのイスラエル軍の編成。テロリズムに対する全知能をかけた対処。家族を大切にする慣習……。生き抜くことが、ユダヤ民族、家族、個人の各レベルにおいて最重要課題であったユダヤ人の歴史には危機管理のノウハウがつまっている。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/12/16Posted by ブクログ

      2008年の本でやや古いが、それでもイスラエルというネイションの生き残るために今世紀の戦略がよくわかったし、古代の歴史についてもよくわかった。というか古代と現代が直結しているのがよくわかる本。

    • ネタバレ
      2011/04/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/04/12Posted by ブクログ

      ユダヤ人は生き残るためには軍事力だけでなく、神様を敬愛し家族を大切にしてそして二重国籍を持ち、多くのネットワークを利用、活用している。
      トーラーとタルムードを学ぶことによってユダヤ人は深い思考を行うた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード