スリッパの法則 プロの投資家が明かす「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方

著:藤野英人

489円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社の将来性はささいなことで分かる!!伝説のファンドマネージャーと呼ばれた著者は、4千社以上の企業を訪問し、調査した上で投資してきた。そして、「儲かる会社」と「儲からない会社」の違いにはいくつかの法則があることを発見した。例えば、「スリッパに履き替える会社は、経営者が会社を家と同じ感覚で見ており、不思議と儲からない」「金ピカの高級腕時計をしている社長は、夜の帝王」「極端に美人の受付嬢のいる会社には問題があり」等々、会社の細部に、半分冗談のようでいて、半分真面目な真実が宿る、と著者は言う。株価や財務諸表が分からなくても、ささいな社風・習慣や社長の様子などから、会社の本質を見抜けるヒントを多数紹介。これらを活用すれば、あなたが今勤務する会社や取引先の危険性を見る際の手がかりにもなるし、俄かに株投資のプロにもなれること受けあい。会社に強くなる実践教科書。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    6
    5
    1
    4
    1
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/08/13Posted by ブクログ

      ファンドマネージャーとしてあまたの企業・経営者と接してきた著者が見いだした、よい会社/悪い会社の法則!という本です。
      悪い会社の法則の例:スリッパに履き替える、無駄に豪華な社長室など
      もちろん文中に出...

      続きを読む
    • 2014/01/16Posted by ブクログ

      ちょっとダメ企業を調べるのにあたって再読。前読んだ時は企業分析ほぼしてなかった頃かと思うが、今読むとさらに面白い。納得。

    • 2012/06/16Posted by ブクログ

      プロの投資家が良い会社を見分ける方法。
      きちんと真面目で経営者がヤル気を持ってて、社員が会社に愛情を持って働いている会社が良いってことかな。

    開く

    セーフモード