これからの「金融ルール」がわかる本 金融秩序のパラダイムシフトを読み解く

著:永野良佑

789円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    サブプライムローン問題を契機にした「世界同時経済崩壊」。この大事件により、世界の金融秩序は大きな転換を迫られることになった……。本書は、そのパラダイムシフトの詳細を「金融ルール」という観点からやさしく解き明かすもの。サブプライム危機を基準に、「今までのルールとはどういうものだったのか?」「世界同時金融危機の際に、いったい何が起きたのか?」「それはなぜ起きたのか?」「そして、これからの金融ルールはどうなっていくのか?」を順序だてて説いていく。レバレッジ、証券化、格付け、ヘッジ・ファンドなどのキーワードをわかりやすく解説するとともに、CDO、クレジット・デリバティブといった、一般の人の目に触れることは少ないが、金融危機に大きな役割を果たした要素についても解説。これ一冊で「金融ルール」の過去、現在、未来がわかる。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/30Posted by ブクログ

      リーマンショック後に書かれた1冊。レバレッジ、証券化、格付け、ヘッジ・ファンドCDO、クレジット・デリバティブなどの金融の基礎知識の解説と、サブプライムローン問題の説明、さらにはこれからの金融について...

      続きを読む
    • 2009/06/08Posted by ブクログ

      サブプライムローンをより具体的に理解することが出来ると思う。
      登場人物とそのポジション、お金の流れが分かる。

      サブプライム問題ってやつをざっくり理解してますよ。って人はすんなり入ってくるはず。

    • 2009/06/01Posted by ブクログ

      金融知識を得たい人にはお勧め

      時事ニュースとして 言葉をしったり
      流れを知るを為にも 役立つ新書かとも思います

      これからの見通しに関しては 保守的な視点でした

    セーフモード