【最新刊】もっとどうころんでも社会科

もっとどうころんでも社会科

1冊

清水義範 西原理恵子

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “活きた社会科”をお勉強する面白エッセイ。日本人はどうして土地に執着してしまうのか?その答えは大化の改新と班田収授(はんでんしゅうじゅ)の法にあった!?では、お金って何?家族って何?社会科は人間の生活の積み重ねなのだから、ホントは身近で面白い!本文とまったく無関係なようでいて、深いところで社会科の真髄を描くサイバラ漫画もますます絶好調(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/23
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/12/08Posted by ブクログ

      読書録「もっとどうころんでも社会科」3

      著者 清水義範
      え  西原理恵子
      出版 講談社

      P80より引用
      “食の移りかわりには、その民族の繁栄ぶりとか、文化など、歴
      史性が密接にからんでいるのだ。”...

      続きを読む
    • 2012/09/14Posted by ブクログ

      愛知では忠臣蔵が嫌いという人が結構居る。

      吉良が悪者だからというのもあるけれど、
      それ以上に吉良が実際どういう人物だったか扱われないから。
      (p.112 “吉良側の資料はほとんどない”の通り)

      ...

      続きを読む
    • 2010/09/05Posted by ブクログ

      ・8/29 読むべき本が無かったから思わず本屋に行ったら、これを見つけてしまった.これは読むしかないだろう.でもこのシリーズ、ずっと続くのかなぁ.
      ・9/1 これもなかなか勉強になる.日本より小さい国...

      続きを読む
    開く

    セーフモード