【最新刊】魚の行動習性を利用する 釣り入門 科学が明かした「水面下の生態」のすべて

魚の行動習性を利用する 釣り入門 科学が明かした「水面下の生態」のすべて

川村軍蔵

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    最新の研究成果を用い、大漁をねらう!魚は釣りの仕掛けが見えるか?ルアーの色を変える意味はあるのか?魚はどこに集まりやすいのか?魚はどんな餌を好むのか?釣れやすい魚、釣りにくい魚はいるのか?釣り糸は細い方が本当にいいのか?など、釣り人を悩ます疑問に答えていく。プロの漁師も用いる研究成果を、釣り人向けに解説した、画期的な釣り入門書。(ブルーバックス・2011年4月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    240ページ
    提供開始日
    2014/05/23
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      魚の行動生理学、感覚生理学の面から、釣りを科学的に分析した本。
      これまで経験、勘に頼り、曖昧な点が多かった釣りの手法の根拠を探っている。非常に論理的で読んでいておもしろかった。
      紫外線を反射するルアー...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      魚の視力や色の見え方、匂いの感じ方、餌を食べるタイミング、スレ、水温や海流、潮流の話など、科学的に釣りについて書かれた本で、釣りをしない自分にも面白く読めた。

    開く

    セーフモード