【最新刊】星条旗の聞こえない部屋

星条旗の聞こえない部屋

リービ英雄

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    横浜の領事館で暮らす17歳のベン・アイザック。父を捨て、アメリカを捨て、新宿に向かう。1960年代末の街の喧騒を背景に、言葉、文化、制度の差を超え、人間が直接に向き合える場所を求めてさすらう柔らかな精神を描く野間文芸新人賞受賞の連作3篇。「日本人の血を一滴も持たない」アメリカ生まれの著者が、母語を離れ、日本語で書いた鮮烈なデビュー作。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/16
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2012/11/09Posted by ブクログ

      言語を獲得するというのがどういう事であるのか、日本語の話者であるというのがどんなに幸せな事なのかを知らしめられるような感じ。
      この本を読むたびに、切実さを持って日本語を使おうと思う。(そして、切実さを...

      続きを読む
    • 2013/10/08Posted by ブクログ

      文学作品をまともに読むなんて、相当久しぶりでした。
      先輩に誘われて参加している読書会という名の飲み会で、課題図書になっていたのに、会には間に合わず。そんで、ようやく読み終えました。
      アメリカ人が日本語...

      続きを読む
    • 2011/01/30Posted by ブクログ

      作者リービ英雄が自分を重ねて描いていると思われる17歳の主人公ベン・アイザックが、自分を囲う領事館の壁を越え、言葉の所有権を手放そうとしない「日本人」の壁を越えて、「しんじゅく」の街で日本語を獲得して...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000263038","price":"990"}]

    セーフモード