思い出を切りぬくとき

萩尾望都

627円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    萩尾望都、漫画家生活40周年記念出版。1970~80年代。萩尾望都が20代の頃に書いた幻の作品、唯一のエッセイ集。現在では読むことのできない貴重なエッセイ27本を収録。イラストも多数掲載。妹への想い、編集者とのやり取り、少女漫画の世界について、作品の裏話など漫画ファン必携の内容です。萩尾望都の思想の源泉を感じ取れます。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/12/12Posted by ブクログ

      萩尾望都先生のエッセイ集。
      2ページの短いものから、数ページにわたって舞台の話やいろんなテーマの考察が書かれているものも。書かれたのが70年代から80年代にかけてで一見統一性に欠けるけれど、中にはハッ...

      続きを読む
    • 2013/06/15Posted by ブクログ

       この人はどれだけ賢い人なんだろうね。自分の作品を愛し、守るために、きちんと主張ができる人だ。戦う、争うのではなく、目的を達成させるために誠実に力を尽くしている。その姿勢が潔くも美しい。
       強いなぁ。...

      続きを読む
    • 2015/03/26Posted by ブクログ

      「おじさまはアブサント酒がお好み いつも作って差し上げる」
      ピカデリー7時のお嬢様が作っていたのはまさかの芋焼酎。。
      イメージーー!萩尾さーーん!
      笑ってしまった。
      台詞は確認してないので違うかも。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000262801","price":"627"}]

    セーフモード