まなざしに管理される職場

著:大野正和

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。同僚の目が怖い──。日本型経営の特徴である職場での相互扶助と相互監視は、人間の心理に何をもたらしたのか。上司からの縦の管理に、同僚による配慮という名の「横の監視」が交差する職場環境とそこで発生する息苦しい人間関係、強迫の心理をえぐり出す。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/07/31Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      同僚の目が怖い――。
      日本型経営の特徴である職場での相互扶助と相互監視は、人間の心理に何をもたらしたのか。
      上司からの縦の管理に、同僚による配慮という名の「横の監視」が交差する職場環境と...

      続きを読む
    • 2007/11/27Posted by ブクログ

      日本の職場では、労使関係のような「垂直的圧力」よりも、同僚あるいは仲間による「水平的圧力」が強いのではないか、また近年は欧米でもチームワークを重視する経営スタイルが取り入れられるジャパナイゼーションが...

      続きを読む

    セーフモード